イメージ

レストランでのあれこれ

恥ずかしいけど今更きけないホントはどうなの?
と、思う内容の真相をお届けします。
ワインを注ぐ時は?
ボトルでワインを注文した時には、1杯目はソムリエの方が注いでくれます。
では2杯目からは、どうすれば良いでしょうか?
基本的には、テーブル担当のソムリエさんが注いでくれます。しかし、絶対という訳ではありませんので、自分で注いでも構いません。ここでの注意なのですが、日本では女性が男性にお酌をする文化がありますが、ワインは基本的に男性に注いでもらいましょう。
仲間内の時や、その場の男性が上司の場合は状況に合わせるとスムーズかもしれませんね。
ワインの世界もレディーファーストなのかもしれませんね。
ワインの注ぐ量をご存知ですか?
最近はワインバルが流行っていて、“なみなみワイン”と銘打ってグラスからこぼれんばかりにサービスするお店もあります。
ただ、それはお店側のサービスで、マナーとしての分量は異なります。
ワインの基本的な分量は、グラスの1/3か1/4程度です。
グラスの中の空気と混ざる事で、よりいっそう美味しく頂けます。
大きなグラスに並々と注いでしまうと、グラスを口へ運ぶ時の安定感が無くなりますのでこの分量が最適なのかもしれませんね。
ワインを注いでもらう側にも注意がありますがご存知ですか?
日本人はお酌をしてもらう時に、器を手で持つ習慣がありますが、ワインを注いでもらう際は、グラスを持つ必要はありません。
持ってしまうと、ソムリエがこぼしてしまう可能性もありますので、グラスは動かさずにテーブルに置いたままにしておいて下さい。
もし、少し気が引けると行った場合には、テーブルに置いたままでグラスのデスク(台)の部分を片手で押さえると良いでしょう。
後は、注いで頂いた方にありがとうと会釈を笑顔でして頂いたら充分でございます。
ワイングラスはどこを持てば良いでしょう?
基本的には、ワイングラスの細い所(脚、ステア)を親指と人差し指、中指を使ってエレガントに持ちます。
よく、裕太郎持ち(ボウルの部分を手の平で覆う様に持つ)をして飲むのではないかというイメージがあるかも知れませんが、あの持ち方はブランデーやウイスキーの持ち方です。手のひらで支える様に持つと、体温で液体の温度が上がってしまいます。レストランでは基本的にソムリエが最適の温度で提供していると思いますので、温度をあまり変えない様に、ステアを持って飲む様にしましょう。
何よりもワインはエレガントに優雅に時間も空間も味も楽しみたいものですね。