イメージ

ワインあるある

ワインのちょっと知ってると、鼻が高い知識をお伝えします。
①ワインのラベルは情報がいっぱい
ワインの名前を覚えようとしてもなかなか覚えられない事って経験ありませんか?
そんなあなたに朗報です。
ワインの重要な情報はラベルにほとんど書いてあるのです。
原産地
原料のぶどうの生産地
畑のランク
壜詰め者
容量
アルコール度数
輸出業者
ぶどうの収穫年
ワインの銘柄
格付け
主に、上記の内容がラベルから分かる様になっています。
メインの一番良くみえる所に、畑の名前が書かれている事が多いです。
最近はお洒落な画家の方とコラボレーションしたラベルも良く見られます。
有名な5大シャトーぐらいを覚えておくと、便利な事もあるかも知れません。
②5大シャトー
シャトーラフィットロスシルド
シャトーマルゴー
シャトーラトゥール
シャトーオーブリオン
シャトームートンロスシルド
上記の5大シャトーはフランスの中でも、ボルドーという地方で生産されているワインの中の有名どころです。
イメージでゆえば、フランスの渋めの濃いワインの種類です。
歴史も古く、値段も張ります。
誕生日に生まれ年のワインをプレゼントされる事もありますが、上記の5大シャトーの 銘柄の20年ものはさぞ大喜びでしょう。
ワイン好きの方はご自身の、お子さんが生まれた時にその年の有名シャトーのワインを買って置いて、お子さんが成人された記念や、30歳の時かに飲まれる方も居るそうです。
③ブルゴーニュ 渋い濃いワインがボルドーなら、さっぱりしたワインはブルゴーニュです。
ワインの有名な地方はこの2カ所を知っていれば、話にはついて行けるでしょう。
難しい事が話せなくても、少し知っていて分からない事は詳しい人に聞けるくらいの方が余裕があってよいでしょう。
女性なら、なおの事ですね。可愛らしく男性に色々聞いてみて下さい。ワイン男子は喜びますよ。
ブルゴーニュのワインはもの凄く細かくはたけのランク付けがされています。
その中でも、特に有名なのがロマネコンティーです。
皆さんも一度は聞いた事があるのではないでしょうか?
ただ、詳しくは分からない、、、、
では、そんなあなたにまめ知識を。
かの有名なロマネコンティーはフランスのブルゴーニュ地方のヴォーヌロマネ畑のロマネコンティー区画で作られた葡萄を使って、ロマネコンティー社が作ったワインを私たちは、簡単にロマネコンティーとゆっているんです。
神が作り出した奇跡の畑と言われています。
是非一度は神の作り得た環境をこの目で見てみたいものですね。
ご興味がある方は、是非フランス旅行の際は脚を運んでみてみてください。